--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.07.25

トランスパーソナル

 最近、トランスパーソナルの本を熱心に読んでいる。きっかけは野球。なぜ野球と心理学が?とお思いでしょうが、これが関係あるんです!

 前回野球にはまっているという話を書いたが、その関連で、スポーツで言うところの「いわゆるひとつのメイクミラクル?」(長嶋調)を分析した本をなんとなーく読んだ。その中のひとつに、「トランスパーソナルのフローの力」という切り口から、スポーツでときたま起こる奇跡のような瞬間を紹介したものがあったのだ。
 トランスパーソナルとは?そしてフローとは?メイクミラクルに滅法弱い私は、興味津々でその周辺を犬のごとくフンフン嗅ぎまわっているという次第なのです。
 
 そもそもトランスパーソナルとは、心理学の分野のひとつで、「個を越えたつながり」を志向する心理学のこと。人種や性別、思想などの違いを越えた人と人とのつながり、過去の世代や将来の世代とのつながり、人間と自然や地球のつながり。そして、自己の深層無意識やそれを越えた真実の自己とのつながり。この両方向へのつながりへと自分を開き、自らを越えていくことを説く心理学のことだ。
 ハイ、あぶなくない、あぶなくないですよー。

 トランスパーソナルの「トランス("trans")」は、「越える」とか「横切る」という意味で、ドラッグをやって「恍惚とした」とか「我を忘れた」という意味の"trance"とはまったく別の意味である。それに自己のシンソウイシキとはいっても、ニューウェイブとは全く別で、超能力者とかサイキックなことを意味しているのではない。

 トランスパーソナルのどの辺が面白いのかというと、心理学はこれまでもっぱら自己実現や自己の確立という点(トラウマの克服とか人間関係の悩みの解決とか)に焦点がおかれ、あくまで個の内面を探るという傾向が強かったのだが、それをさらに一歩踏み越えた次元まで志向している点である。
 (再度)あぶなくない、あぶなくないですよー。

 画一化・合理化至上主義だった近代を越える思想として、相対主義や多様性を重視するポストモダンが掲げられはじめたのは80年代。その後、ポストモダン論争が一世を風靡したのは記憶に新しい。かくいう私も、高校生のときは「近代VSポストモダン」なんて現代文をしこたま解かされたり、「あるがままでいい」「人生に意味もクソもない」とおっしゃる宮台真司大先生の本を、熱心に読んだりしていた。当時、「なんかじゆうでかっこいいじゃんって感じ~」な宮台さんの本は、ひとつのステイタスだった。

 でも、ここである問題が出てくる。
 ポストモダンは、意味や真理などのこだわりから人々を解放してくれ、今の自分のありのままを肯定してくれたけれど、その後人がどこに向かえばいいのか、という指針までは、提示してくれないのだ。これが、現代人の無力感や虚無感、さらには生きる意欲の低下に結びついているともいえる。

 そこでトランスパーソナルの登場である。
 
 自己を確立し、多様性を認め合いながらも、バラバラな個人として生きるのではなく、まわりとのつながりを大切にする「トランスモダン(超近代)」という発想。アイデンティティが自己だけにとどまるのではなく、周りの人やもの、自然や地球にまで拡大することを目指す思想である。自己を越えた他とのつながり、それは民族問題や宗教問題、環境問題にいたるまであらゆる問題を解決する糸口になりうるかもしれない、というのだ。
 
 いろいろ回りくどく書いてきたけど、つまりトランスパーソナルとは自分へのこだわりを越えて、個を越えたつながりを目指す心理学のこと。こうした一人ひとりの意識の変革が、自分自身を変えると同時に、社会自体も変えていくというダイナミックな心理学なのだ。

 大体、イメージをつかんでいただけたでしょうか?あぶなくない、と何度も書いてきたけど、もちろん、あぶないあぶなくないというのは個人の考え方だろうし、実際にそれをどう取り入れていくかというプロセスによって、あぶないかあぶなくないかの針はどうとでも揺れうるものだと思う。私もまだよく知らないので、これはこれでひとつの考え方として、「こういう発想があるんだな~」くらいに思っているわけだけど、でもまぁこういう発想は新鮮だし、わりに健全かな、というのが個人的な感想である。とくに、エコロジーは私たちがこれから本気で考えていかなくてはならない問題だけど、ともすると「これくらいいいか」という発想をしがちなこの問題において、モラルを越えた「地球の痛みは自分の痛み」と感じられるようなシンパシーを、今後どう高めていくかはけっこう重要だと思う。

 で、話は最初の野球にもどるんですが、というか、戻りたかったんですが、野球とトランスパーソナルどういう関係にあるのかということについては、もう書くの疲れたからまた次回。ちゃんちゃん。 
スポンサーサイト

Posted at 20:02 | Books and Comics | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。