--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.21

歩くこと、走ること

 今日の朝日新聞に我が母校が!!!25面の「夜のピクニック」の記事です。よかったら見てみてください。

 私の高校は、恩田陸さんの『夜のピクニック』という小説の舞台になった学校で、毎年歩く会という行事がある。私は実行委員もやっていたので、人一倍歩く会には思い入れがあるのです!!

 歩く会とは、2日間にわたって行われる行事である。一日目は40キロをクラスごとに団体で歩き、夜は折り返し地点であるどこかの学校に泊まり、二日目は学校に向かって30キロを個人で走る。「何を好んでそんな…」と思うかもしれない。私も入学するまではそう思っていました。でも、しかし、バット!やってみると、すごく楽しいのです。その楽しさやワクワク感は、ぜひ恩田陸さんの小説を読んでみてください。

 さて、私の思い出というと、やはり実行委員を務めた三年生の歩く会。実行委員は、一日目の団体歩行のときに、司令塔(というか何でも屋)として一クラスを担当する。しかし、その実態は、バスケ部と陸上部が強制的に実行委員をやらねばならないという掟にあるように、半端じゃなくきつい仕事。実行委員は通常の2倍歩くことになるというのが暗黙の了解だった。
 でも、終わった後、担当したクラスの人たちに、「きつかったとき、アヤココさんががんばって走り回ってるのを見てがんばれた。」といわれて、ものすごく嬉しかった。今思い出しても、じーん。もう一回じーん。
 一日目は宿泊所であるどこかの学校に泊まるのだが、着くのは深夜。へとへとになって歩いているときに、トランシーバーから「最前列が学校に到着しました」という連絡がはいったときのあの喜び!あのとき隣にいたのは、このブログにも何度か出てきているナツだったけど、ふたりで「やったー!!」と大声を上げて、担当したクラスの人たちに伝えたことを覚えてる。真夜中のガッツポーズ、交わされる熱い握手、次の日の筋肉痛。青春の息吹が聞こえてきそうです。
 
 ちなみに、食料事情についても、色濃い思い出がある。
 個人歩行(二日目)のときは、何キロかごとに休憩所が設けられていて、大量のなしやバナナやチョコ、カップラーメンなどがあり、カロリーを補給できるようになっている。私の友達は、休憩所ごとにカップラーメンを食べていて、そのせいで横っ腹が痛くなり、あわやリタイアという状態になっていた。
 また、実行委員は個人歩行が終わった後に片付けがあるのだが、そのときに休憩所であまったおやつが食べられるという、およそその辛さを補え得ない、小さな特典つき。そしてここでも思い出すのは、ナツが余った大量のバナナ(生もの)を「もったいない」といって11本くらい食べていたことです。
(注:ナツの名誉のために言っておくと、バナナは半分に切ってあったので正味5本くらいです。きっと。そして、前述のカップラーメンの友達はナツではありません。)
 考えてみると当時は、70キロ歩いたり走ったりした後に、片付けをしながらバスケをし、そのあと打ち上げまでいって、次の日はケロリと受験勉強をしたりしていた…。げにおそろしや17歳!!

 だからというわけでもないですが、今日は妹と一緒に朝、ジョギングに行った。妹は初ジョギングだったので、ほとんど距離は走らず、フォームの調整とか準備運動に時間をかけた。私も久しぶりだったので、やや足が重かったが、やっぱり気持ちいい!!「横隔膜が広がった気がする…。」と言うと、「深く呼吸できるって言ってよ!」と突っ込まれた。
 年明けのハーフマラソンに参加することにしたので、これから暇をみつけては、ちょくちょく走ろうと思う。今のままでは、確実にマラソン中死ぬ。17歳とはいいませんが、それなりの体力をつけたいと思う、今日この頃です。
スポンサーサイト

Posted at 10:55 | Anything | COM(3) | TB(0) |
2007.10.14

骨盤をまわそう

 秋も深まってまいりました…といいたいところだけど、まるで一ヶ月先にでる雑誌を書いている人のように、Tシャツでブログを書いております。季節感を感じられるのは、もはや食べ物だけ!!昨日も大量の栗がはいった栗おこわをお腹いっぱい食べて、超幸せだった。

 しかし、その満たされたお腹と比例するように、お腹まわりの肉もまた、同時に満たされていく…アーメン。今この肉を何とかしなければ、来たるべき美食の季節を安心して迎えることなどできません!

 だが、そうはいっても忙しくて、ヨガをじっくりやる時間も半身浴をゆっくりする時間もない。
 そこで最近やっているのが、その名も「5分でできる骨盤回しダイエット」。食事制限など私には土台無理な話なので、ひたすら腰を回して痩せよう、という魂胆なのだが、それだけではなく、ゆがみ矯正にも絶大な効果があるという。

 骨盤回しにもいろいろと流派があるらしく、有名なのだとMicacoさんの『インスパイリング・エクササイズ』とか、SHINOさんの『やせる!腰回しダイエット』などなど。
 そもそも、私が骨盤回しをやろうと思ったのは、雑誌「日経ヘルス」で特集されていたゆがみ矯正術のなかで、骨盤回しが紹介されていたから。そのなかに、上記のお二方のエクササイズものっていて、「これいいかも!」と思いたったわけだ。

 ためしに実際に少しやってみると、私の場合、右はまわるけど左が固く、うまくまわらなかった。これってつまり歪んでるってこと!?心の歪みが体にでてるってこと!?歪みが体に及ぼす悪影響を、日経ヘルスで叩き込まれたこともあって、その日から毎日鏡を見ながら、ぐりんぐりん回しています。そのうち、それを見た妹も一緒に回しはじめた。二人で横に並んで、鏡を見ながらぐりんぐりん腰を回していると、アラ不思議!まるでフラガールのよう。ホホホ。「楽しんで つづけてこその ダイエット」。一句詠んでみたが、つまりはそういうこと。楽しくなくちゃ続かない、そのためには蒼井優ちゃんになりきることさえ必要なのだ!!

 効果のほどはまだわかりませんが、なかなか気持ちいい。時間も5分でおわるので、何とか続けられそうだ。なにより、痩せなくても歪みだけでも治せれば…と思って、今日も骨盤を回してます。

Posted at 23:58 | Anything | COM(4) | TB(0) |
2007.10.10

自転車でやってきた友達

 友、遠方より来るあり。久しぶりにミヤチと会う。

 引っ越してから初めてうちに遊びに来るので、楽しみにしていた。前は家も大学もすごく近かったので、しょっちゅう突撃お宅訪問をされていたが、私が引っ越してからはそんな機会もなくなってしまった。でも、今回はこちらに泊まりにくるということで、「こんな遠くまで来てくれるなんて、なんていいヤツ…!」と感激していたのだが、まさか、まさか、あんな方法で来るなんて…!!!

 そう、彼女は、東京は江戸川区から神奈川は戸塚まで、自転車でやってきたのです。しかも、ママチャリで!ハチクロの竹本くんと同じくらい無謀です。
 私の家は、戸塚ではなくもうちょっと遠いのですが、さすがにそこまでは来れなかったらしく、戸塚からは電車でやってきたそう。そして、案の定、そのことに結構悔しそうだった。もう十分なのに!!

 一週間くらい自転車で旅をするつもりらしく、なんだかバカでかい荷物。そしてかっこいい自転車用ヘルメット。なのにママチャリ(笑)。荷物は今はでかいけど、旅行中に着た服などはどんどん捨てていくそうで、これから減っていくらしい。それを聞いた私は、妹と「そうか、サバイバル系一人旅っていうのはそういう風にやるんだね。」と影でこっそり感心していた。

 そういえば、たまたま前にうちに泊まりにきた別の女の子も、こういうサバイバル系一人旅を繰り返している子だった。そして、私が一人で黙々とご馳走を作っている間、妹はその子から、ロマンあふれる一人旅の話をたくさん聞いて、その勇気と行動力に感動していたらしい。そして、今回の友達もまたまたそんなことをやっているので、「お姉ちゃんの友達って…なんかすごいね。」としみじみ言っていた。私は付き合いも長いので、ミヤチのすることにもうあんまり驚かなくなっているが、妹からするとかなりびっくりしたらしい。

 ミヤチさんは、一晩うちに泊まり、その後自転車で、元気に雨の中を小田原へと旅立っていきました。天気予報は雷だったので心配していたけど、無事に生きていたみたいでよかった。今頃どこにいるのでしょうか。どうか元気でいてください。

Posted at 18:18 | Anything | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。