--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.12.31

大晦日

071231_201804_M.jpg
 2007年、今年も残すところあとわずか。
 年越しそばとフライング気味の紅白なますで、紅白みながら晩御飯。大根一本を刻み紅白なますを作ったら、尋常じゃない量になり、冷蔵庫にも入らず、玄関に放置。酢の匂いが玄関中に漂っている。

 なにかと忙しかったので、今年は上京して初めて、実家に帰らずこちらで正月を過ごすことにした。そのせいか、なんだかあっという間に大晦日で、明日が新年という感じがしない。
 そしてそしてそのせいか、しっかり最後の可燃ごみ収集を忘れ、玄関にしめ飾りを飾り忘れ、年賀状も何枚か書き忘れた。
 仕方ない。ちょっとくさいごみたちとともに新年を迎えようじゃないか。しめ飾りは年が明けてから飾ろうじゃないか(大晦日に飾るのは縁起が悪い)。年賀状は出すことに意味があるんじゃないか。後ろめたさを新年には持ち越さないぜ。

 スーパーへ買出しへ。
 
 にぎやかな買い物客や華やかな正月料理を前に、「へっ。正月なんて、オレには関係ねぇよ。」と、さっきまで見ていた『ごくせん』ばりにつっぱてみるが、伊達巻とか、寿司とか、カニとかの前で、いちいち立ち止まるオレ。

 「明日のおかずは鯖味噌にしようかな~。」と、鮮魚コーナーに行ってみると、マグロやはまち、カニイクラウニ、ふぐなどが所狭しと並んでいる。
 いつもは主婦の強い見方である鯖も、今日は奥様方にも見捨てられ、鮮魚コーナーも終わりに近い、誰も見ないような隅っこに追いやられていた。同じくロンリーな私は、「あんたの気持ちわかるよ。」とぶつぶつ言いながら鯖を買う。

 それにしても、正月価格でものが高い。実家では毎年、餅をつき、おせちをつくっていたが、こうしてスーパーでいざ買うとなると、餅も黒豆も干し柿も、むちゃくちゃ高いんだと改めて実感した。
 正月っぽいものをちょっとでも買いたいなと思って行ったが、結局かまぼこを買ったほかは、普通に納豆や大根を買っただけだった。

 帰り道、今年はどんな年だったかなぁ、とふと考える。

 いろんなことがあったけど、自分の出来ることを一生懸命やった年だった。
 今年の初めは、自分に向き合うことが出来なくて、ごまかしたり知らん顔したり自分をわざと傷つけるようなことをしてた。けど、ちゃんと季節は変わった。
 つらくてもちゃんと自分に向き合おうと思った春。やりたいことをやる、決めたことを後悔しないと思いながらも、それに見合う強さがまだなかった夏。いちばん苦しかったこの時期に、たくさんの人が支えてくれた。もがきながらも立ち止まらないで秋が過ぎ、いつのまにか冬になって、私は今、随分楽になった。イルカの『なごり雪』じゃないよ。
 
 あんまり変わってない、といわれるかもしれないけど、この一年で随分成長したと思う。
 初めて自分のことにこんなに一生懸命になったし、初めて周りの人が心から大切だと思えた。自分のことを大事にしようと思ったからこそ、周りの人がこんなに大事になったのかもしれない。
 これまでわりと淡白だったけど、今ではこのような熱い心の持ち主であります!年末熱さ大放出スペサルでございます!
 
 そういうわけで、今年出会った全ての人に。いやな奴にもいい人にも。
 ありがとうございました。そして、来年はもっといい年になりますように。
スポンサーサイト

Posted at 17:51 | Anything | COM(0) | TB(0) |
2007.12.24

綱渡りクリスマス

 昨日は、いつもの6人でクリスマス会。
 久しぶりに全員そろうので、楽しみだなぁ!と思っていたが、そこへ行き着くまでのスリル。そしてその後の哀愁。

 第一の関門は、前日の夜にやってきた。
 突然きた「明日はプレゼント交換します」のメール。「なにぃ~!?」と、すでにジャージにこたつでゴロゴロしていた私は焦った。近所にドンキホーテがあった去年までとは違う。一軒しかない若者向けの雑貨屋はすでに閉まっている。明日買いに行っている暇もない。さて、どうする…。

 しかし、救いはそのメールの中にあった。もとめよ、さればあたえられん。

 そのメールには続きがあり、「予算は500円以内。そんな急に言われても困るよって人は、家にあるわけのわからんぬいぐるみをラップで包んでもってきて、すごい悩んだんだ~って顔してりゃいいよ云々。」と書いてあったのだ。
 すぐさま押入れを引っ掻き回す私。そして、発掘しました。今年買ったものの、ほとんど使ってなかったレッグウォーマー。なかなかかわいいし、値段も明確に500円だったと覚えている。深夜にもかかわらず、あわててそれをエマールで洗濯し、干して寝る。

 翌日、いつまでも乾かないレッグウォーマーに焦りつつも、なんとかラッピングをし、ギリギリで電車に飛び乗る。ああ、楽しみ!と心置きなく思えたのもほんのつかの間、すぐさま、私は第二の関門にぶち当たることになったのだ。

 それは、最も重要で最も切実なもの・・・そう、マネーです。ザッツオンリー500イェン!!
 駅につき、ソッコーで郵便局のATMに向かう。日曜ってやってるのかな、と不安になりつつ行くと、なんと開いていた。しかし、営業時間は19時までとなっている。時計を見ると、現在18時57分。ギリギリセーフ。
 もう、こんな綱渡りな人生はいやだ…。これからはこの詰めの甘さをなんとかしよう。そう誓った数時間後…。三つ子の魂百まで、それは私のことです。

 無事店に着いた私は、友と久しぶりの再会を喜び合い、おいしい料理とお酒に舌鼓。リアルに出会いがないという、社会人の恐ろしい合コン事情などを、震えながら聞く。私のリサイクル・プレゼントは、あのミヤチさんに当たっていた。ミヤチ、ちゃんと洗ったからね…!
 お店のママが、デザートにサービスでケーキを出してくれて、それを直フォークで6人でつついて食べたのがいい思い出。
 その後、カラオケに行き、歌って踊ってはしゃいで…るうちに、ハイ、終電逃しました。

 ギリギリで新宿駅に着き、ごうちゃんと猛烈ダッシュ。階段をあがりきったその瞬間に、愛しいあの人(電車)は私の元から去っていきました。クリスマスだから待っててくれるかも、と期待した私たちがバカだった。
 その尋常じゃないダッシュに、ビールとカクテルとワインをちゃんぽんでしこたま飲んだ私は猛烈に気持ち悪くなり、最後に運動したのはいつのことだったか、というごうちゃんは20分たっても足が痛いと言っていた。
 
 約一時間後、初めてのネットカフェ。
 「ホタルノヒカリ」を積み上げながら、「イブなのに…」と無意味につぶやいてみるが、もう遅い。寝るにも寝れず、始発まで「ホタル~」を読み続け、それなりに楽しんでしまった自分は、もう今年で2●歳です。
 メリークリスマス。

Posted at 14:40 | Anything | COM(2) | TB(0) |
2007.12.20

ぶどうぱんと民話

071219_180516_M.jpg


 大好きなぶどうぱん。おやつに、このぶどうぱんをもしゃもしゃと食べながら、「カロリーはいかほどかしら~」と裏面を見ると、そのカロリーのむっちりさにびっくり!!しただけではなく、何やらおかしな文を発見。

071219_180624_Ed_M.jpg

 ずらりと並んだ全国各地の営業所の電話番号のわきに、「民話が電話で聞けるヨ!」とある。もしゃもしゃ食べていた口をピタリととめ、「え?民話?お客様営業所じゃなくて?」と思い、じぃっとみても、やはり間違いなく「民話が電話で聞けるヨ!」と書いてある。フジパンと民話に一体なんの関係が・・・・?

 そこで、早速電話をしてみた。
 「もし、ふつうに営業所の人がでたらどうしよう…。」と思いながらかけると、おどろおどろしい太鼓の音が…!「フジパンは~みなさんの健康をなんちゃらかんちゃら」という前口上の後、紙芝居が始まるときの、あの「カンカン」という木を打ち鳴らす音が鳴り響いた。と思ったら、はじまりました。
 「今週は大分の昔話、きっちょむさんと借金取り~。」
 なんと、本当に民話が流れ出したのです!!しかも、「今週の」といっているところからすると、週がわりなのか?おまけに、こんな民話知らないし。「きっちょむさん」ってどう書くんだ?

 しかし、番号はフリーダイヤルでなく普通の03番号。のんきに民話を聞いてる間も、通話料はしっかりととられているのである。一体、ぶどうぱんを買ったどこの誰が、そうまでして民話を聞きたいと思うのだろう。
 
 さて、そこで謎が生まれる。これは何かの企業戦略なのか?フジパンは、このぶどうぱんの顧客層として、どんな層をターゲットにしているのか。普通に考えたら、通話料を払ってまで民話を聞きたい、そんな民話大好きな人たちが、このぶどうぱんのメインユーザーであり、めざすべき顧客層ということになる。しかし、そんなターゲットの設定のしかたってありか?いや、なしでしょう!!

 どにかく、いまじゃどこのスーパーでも見かけるこのぶどうぱん。この裏面の民話の存在に気づいている人は、果たしてどれだけいるのでしょうか。来週の民話がちょっと気になります。

Posted at 00:16 | Anything | COM(3) | TB(0) |
2007.12.08

ハッピーバースデー

20071208121103.jpg

 先週、ようちゃんの誕生日だったので、いまさらお祝い。
 ケーキを手作りして、夢のホール食い~!イチゴとか生クリームとかスポンジを目の前にして、「こりゃ絶対無理だ」と一瞬ひるんだが、「あのまんまるいケーキを目の前にして、ロウソクをフーっと…」と想像したら、どうにもテンションがあがってしまい、結局作っちゃいました。で、食べちゃいました。ペロリと。しかも、太巻きとキムチ鍋まで食べたのに…。
 思うに、ケーキの敵はスポンジだと思っていたが、真の敵は生クリームだった。その証拠に、生クリームが甘くなければけっこう量を食べれるのです!…ってこういう事実は、おデブリアンな私は知らない方が幸せだったかもしれません。

 しこたまワインを飲み、そのままカラオケへ。そしたら、誕生日スペシャルなのかただ混んでいただけなのか、大人数用の部屋に通された。二人なのに!画面が遠いぜ!やたらテンションがあがる俺たち。
 きもちよく歌えれば「空はまるで」の英語ラップがまるでできなくたって気にしない。「今夜はブギーバック」で小沢くんの顔に見惚れてシンコのラップをかんだって気にしない。「木綿のハンカチーフ」の4番で恋人が去っていっても気にしない。「マシマロ」ではあめふりだって気にしない。
 そして、博多の名曲「波よせて」を大合唱。
 
 こうして、夜は更けていきました。

Posted at 12:09 | Anything | COM(0) | TB(0) |
2007.12.07

サクサカーとの遭遇

 知る人ぞ知る、神奈川のローカル番組『Saku Saku』。私も最近見はじめたのですが、あらゆる意味で衝撃でした。「こんなんでテレビとして成立するんだ…」と愕然としましたが、うるさいだけの民放に辟易している私にはこのユルさがたまら~ん!と、ほぼ毎日みており、今では立派なサクサカーであります。

 さて、神奈川のみならず全国各地に熱心なサクサカーが存在していることは、番組からひしひしとつたわってくるのですが、いまだかつてサクサカーに出会ったことがない私。
 それなのに、それなのに!!!
 今日、私は高田馬場のど真ん中で、二度もサクサカーに遭遇してしまったのです。

 一度目はマック。新発売のマックフルーリー・ストロベリーショートケーキをもりもり食べていた昼下がり。カウンターに座っていた私の背中から聞こえてきたのは、「サクサクって知ってる?」との会話。主は学生で、男女とりまぜ4人ほど。こっそり聞き耳を立てていると、「木村カエラちゃんは、サクサク出身なんだぜ」というカエラファンでした。

 そして二度目は、高田馬場の名所・新ビッグボックスの入り口付近。
 すれ違いざまに、今風の男子高生が、かわいい女子高生の彼女に、「サクサクって知ってる?」と聞いているのをキャーッチ!!そのかわいい彼女が果たしてサクサクを知っていたのかどうかは、ユニクロ目指して凄まじい早足で歩いていた私の耳までは届きませんでした。

 それにしても、女子高生大好きなカンカンよ、喜べ!!いまやサクサクは、イケてる高校生カップルの話題にものぼっちゃうほどトレンディーです。いや、もしかしたら世の男女の間では、「サクサク知ってる?」が口説きの常套句なのかもしれません。
 私はといえば、いまだに、この番組のあまりのシュールさに頭を抱え…ずに腹を抱える日々ですが、それでも、こんなにたくさんの人に愛されている番組なんだ、としみじみ思いました。まぁ、その、二人ですけど。

Posted at 00:07 | Anything | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。